2015年11月17日火曜日

「ロボットの鉄人2015」報告

〜ロボットを学ぶ3日間! 世界に羽ばたけ!未来の「鉄人」〜



9/19(土)〜21(月祝)、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、『ロボットの鉄人2015』を行いました。
2泊3日、ロボットを学ぶ本合宿。今年は日経新聞に取り上げられるなど、大きなニュースを残す事ができました。


 今年も公益財団法人JKAによる競輪公益資金の補助事業RING! RING! プロジェクトの『新世紀未来創造プロジェクト』補助金助成事業として開催。サッカーコース14名、レスキューコース10名、初級者対象のベーシックコース8名の小学5年〜高校生の計32名が参加しました。
世界大会やジャパンオープンの出場経験が多いロボカップジュニアOBである大学生や大学院生、社会人を「鉄人」としています。今年6名の鉄人が指導に駆けつけてくれました。
鉄人から直接指導を受けたロボット三昧のこの合宿で、参加者皆多くの学びがあったことと思います。

 この合宿の経験と得た技術を、11月から始まる「ロボカップ2016」に挑みます。
今年はジャパン・オープンが愛知工業大学で、そして世界大会はドイツで開催されます。
大会では、この合宿で得た経験を存分に生かし、経験を積み、国内、世界で活躍してくれることを期待します。
そして近い将来、今度は自分が鉄人としなって戻ってきてくれる日を楽しみに待っています。

ロボットの鉄人についてはNESTのホームページより
http://www.npo-nest.org/workshop/tetsujin.html


******************
NPO法人 科学技術教育ネットワーク
******************

2014年10月16日木曜日

「ロボットの鉄人2014」報告

〜34名が熱中した2泊3日!未来の「鉄人」目指して!!〜

 

9/13(土)〜15(月祝)、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、『ロボットの鉄人2014』を行いました。この夏「デング熱」でニュースとなった代々木公園と接している会場だったため、施設内の立入禁止区域も多く、蚊取線香と虫よけスプレーなど多数用意され、厳重な警戒態勢の中で行われました。幸い、被害にあった参加者も無く、施設内も多数の利用者で盛り上がっており、参加者も緊張することなく例年と変わりなく無事終了となりました。
 
 今年も公益財団法人JKAによる競輪公益資金の補助事業RING! RING! プロジェクトの『新世紀未来創造プロジェクト』補助金助成事業として開催。サッカーコース8名、レスキューコース18名、初級者対象のベーシックコース8名の小学5年〜高校生の計34名が参加しました。世界大会やジャパンオープンの出場経験が多いロボカップジュニアOBである大学生や大学院生、社会人を「鉄人」としています。今年は計8名が指導に駆けつけてくれました。その中には、昨年は参加者だった鉄人もいます。

 この合宿の経験と得た技術を、11月から始まる「ロボカップ2015」で存分に生かし、次は自分が鉄人になって戻って来てくれる参加者が現れてくれるのを楽しみにしています。
頑張れ!未来の鉄人たち!!

ロボットの鉄人についてはNESTのホームページより
http://www.npo-nest.org/workshop/tetsujin.html


******************
NPO法人 科学技術教育ネットワーク
******************

NEST モンゴル高専支援プロジェクト


  NPO法人 科学技術教育ネットワーク(以下、NEST)の中西佑二理事長、井上徹副理事長が、モンゴル工業技術大学に日本式高専を創るプロジェクトを推し進めてきました。これは、都立産技高専名誉教授の中西理事長が、モンゴル工業技術大学の客員教授として、「モンゴルに日本式高専を創る支援の会」代表代行理事を務め、同大学と都立産技高専との連携により進めてきたプロジェクトです。
その活動が実を結び、今年9月1日に「モンゴル高専」(ウランバートル市)の第1期生の入学式が行われました。
 
 中西理事長の招きにより、NEST理事の黒木啓之が情報処理の授業および教員の指導のため2週間滞在。同じく理事の富永一利と中島晃芳、事務局長の池田有佳里が、9月9〜11日の3日間、第1期生3クラス99名にロボットの授業を行いました。また、持参したLEGO Mindstorms RCXのロボットを30台寄贈。後日、さらに数十台送る予定です。

 これまで黒木理事が毎晩一所懸命奮闘してくださったのですが、なかなかロボットを動かすデジタルの環境が確保できませんでした。直前に学長の決断で新しいパソコンを購入してくださり、到着した授業前日の夜、何とか動く環境を創ることができました。しかし、初日の午前中は、前日テストしたにもかかわらず、PCが固まったり、ロボットのファームウェアが飛んだりと思わぬアクシデントが続出。富永理事と黒木理事が懸命に対処し、午後の授業からは安定した授業を進めることができました。
 
 3クラスを2分割し、1グループ16〜17名に対して、それぞれ3時間半の授業を行いました。まず、富永理事より挨拶とロボットについてのブレインストーム、ロボカップジュニアの紹介を行いました。次に、池田がロボットカーの走行プログラムを、続いて中島よりタッチセンサーと光センサーの使い方の授業。各単元の終わりに競技を行い、その定着を図りました。
 
 授業には必ず女性の通訳がついてくれました。通訳の方々はとても優秀で、一度授業の通訳をすると、その内容をきちんと覚えていて、私共の説明を補ってくれるなどしてくれ、本当に助かりました。授業が円滑に進んだのも通訳の方々のお蔭です。 

 新入学生たちは初めて受けるロボットの授業に目を輝かせ、競技になると熱中して取り組んでいました。モンゴルでも富裕層の子供たちですが、素朴な素直さを感じます。授業の開始の時は全員が起立して当番の生徒が「礼、おはようございます」と号令をかけます。また、廊下ですれ違う時も「こんにちは」「さようなら」と声をかけてくれます。

 また、テレビや新聞、雑誌の取材、ロボットの寄贈式も行われ、驚くほどの歓迎を受けました。ガンバト学長やビルゲイン校長が初日には昼食会を、最終日には、夕食会を開いて下さいました。夕食会は、外務省所有のウランバートル最大のゲル(主にモンゴル高原に住む遊牧民が使用している伝統的な移動式住居)でおkなわれました。これは、モンゴル独立に人生のすべてを投入し、初代外務大臣となったハントルチの元住居で、2つの大きなゲルをつないでおり、ハントルチの所蔵物などが展示されています。ここで、感謝状と記念品を贈呈して下しました。


 歓迎して下さったガンバト学長やビルゲイン校長、様々な身の回りの面倒を見て下さった、モンゴルに日本式高専を創設する会モンゴル代表のセルゲレン氏、観光にも連れて行って下さったバイラさんを始めとする通訳の皆様、コーディネーターのアマル氏、中西理事長と共にウランバートルに在住している西山明彦モンゴル工業大学客員教授(都立工業高専名誉教授)には、心より感謝申し上げます。皆様から温かいおもてなしを頂戴しました。また、中西理事長には、私共を招集し貴重な体験をさせてくれました。

 モンゴルは豊富な地下資源を活かす技術力、インフラを始めとする社会資本の整備を実現する技術力が必要とされています。そこで、近い将来の技術者を育成する目的で「日本式高専」を創るプロジェクトが立ち上がりました。今年9月15日には、さらに2つの高専の入学式が行われるそうです。私共NESTとしては、組織的かつ継続的な教育の支援をしていきたいと存じます。


PS:中西理事長・井上副理事長・富永理事・黒木理事は、都立産技高専の名誉教授、教授、准教授です。





 
 


 
 、

 
 








******************
NPO法人 科学技術教育ネットワーク
******************
 
 

2014年7月8日火曜日

「ロボットの鉄人」でNESTが3年連続『CEC奨励賞』受賞!

ICTを活用した全国教育実践事例コンテスト
 -「ロボットの鉄人」でNESTが3年連続『CEC奨励賞』受賞!-




NPO法人科学技術教育ネットワーク(NEST)が、2011年「サイエンス・キャンプ2011」、2012年「完全自律型ロボットコンテスト『NESTロボコン2012』-学年を超えて、世代を超えて、みんなで創るロボットコンテスト」に続き、「ロボットコンテストで世界の頂点を目指す『ロボットの鉄人』合宿-ロボットを教材とした社会的構成主義に基づく科学技術教育実践」で、ICT夢コンテストCEC奨励賞を3年連続受賞しました。
 去る228()31()に、CEC成果発表会・平成25年度「教育の情報化」推進フォーラム(来場者数2日間延べ1,550名)において、表彰式と成果発表会が行われました。法人理事である中島が全国から集まる学校の先生方に、ロボカップジュニアの紹介と『ロボットの鉄人』合宿の様子、社会的構成主義の教育的意義を中心にプレゼンテーションを行いました。ロボカップジュニアの世界大会映像はかなりのインパクトを与えたようで、多くの方々に興味を持っていただけたようです。

 ICT科学技術教育のパイオニアとして、NESTの活動をさらに先進的な意義あるものにし、学校教育に影響を与えられるよう、努力を続けたいと存じます。

ICT夢コンテスト 平成25年度表彰実践事例
 ■「ロボットの鉄人」レジュメ

2013年12月17日火曜日

『ロボットの鉄人2013』 -鉄人がとことん付き合ってくれた!2泊3日の合宿-


2013921()23(月祝)、国立オリンピック記念青少年総合センターのカルチャー棟練習室にて、ロボカップジュニアで世界の頂点を目指す『ロボットの鉄人2013』を行いました。『ロボットの鉄人』は2009年からスタートし、今年で5年目。
今回は、公益事業法人JKAによる競輪公益資金の補助事業「RING! RING! プロジェクト」の『新世紀未来創造プロジェクト』の補助を受けて開催しました。
「サッカー・コース」17名、「レスキュー・コース」10名、初心者を対象とする「ベーシック・コース11名」、小学5年生~高校2年生の計38名が参加しました。



世界大会やジャパンオープン出場経験が多いロボカップジュニアOBである大学生や大学院生、社会人を「鉄人」と名付けています。10名の鉄人が参加生と共に泊まり込み、寝食を共にしてロボット開発の指導に当たる23日、ロボット開発三昧の合宿です。
随時練習競技会を行いながら、ロボットの構造やメカニズムの工夫、プログラムのアルゴリズムを互いに切磋琢磨しながら学び合っていました。また、鉄人も朝方まで取り組んでいる生徒に付き合ってくれました。


サッカー・レスキューの参加者は鉄人からロボット開発の手法と文化を受け継いでくれたと思います。ベーシックの生徒たちは、レスキューやサッカーに取り組んでいる先輩たちのロボットを見せてもらったり、対戦したりする中で、自分たちのこれからの目標をつかみ取ったようです。



11月からロボカップジュニアの予選会が始まり、12月23日(日)には関東ブロック大会が開催されます。2014年の世界大会はブラジルです。ブラジルを目指して、いよいよ皆の闘いが始まります。今後の活躍をご期待ください。


RING! RING!プロジェクト






ロボカップジュニアジャパン公式サイト
http://www.robocupjunior.jp/index.html

ロボカップジュニア関東ブロックHP
http://rcjj-kanto.org/news.html


******************
NPO法人 科学技術教育ネットワーク
******************

2013年3月12日火曜日

『ICT夢コンテスト』、2年連続CEC奨励賞受賞!

NESTロボコン2012」が表彰されました

31()国立オリンピック記念青少年総合センターにて、『CEC成果発表会 平成24年度「教育の情報化」推進フォーラム』(一般財団法人コンピュータ推進センター主催)が開催されました。
今年のテーマは「今、21世紀にふさわしい学びの実現を、すべての人に! 」。
ここで、ICT(情報通信技術)を使った教育事例コンテスト「ICT夢コンテスト」の表彰式と事例発表会が行われました。今回は学校部門111件と地域部門22件、計133件の応募があり、6件の大賞と審査委員長特別賞、25件の奨励賞、東日本大震災復興応援の特別賞が授与されました。
ICTを活用して地域で支えられる次世代の子供を育む」ことをテーマに、次の4つの観点から審査されたとのことです。

ICTを効果的に活用しているか(ICTの上手な使い方、模範的)
●先進性・独創性があるか(先進的、独創的、新奇性、チャレンジ性、感動的)
●広く普及することが見込めるか(波及性、普及性、継続性)
●絆が深まったか(連携、チーム力、協同性、協調性、協働学習)

NPO法人 科学技術教育ネットワーク(略称:NEST)は『完全自律型ロボットコンテストーNESTロボコン2012』でCEC奨励賞を受賞。昨年の『サイエンス・キャンプ2011』に続き2年連続の受賞となります。『NESTロボコン』は、団体の法人化に伴い、2004年から毎年夏休みの最後に行ってきた「サマーチャレンジ」というロボットコンテストの名称を変えたものです。114名の参加者、60名のスタッフで運営し、「学年を超えて、世代を超えて、みんなで創るロボットコンテスト」にしました。法人理事を務める中島が事例発表を担当。
今回の受賞を機に、ICT科学技術教育のパイオニアとしてさらに新しい教育の提言と実践を行っていかなければ、という思いを一層強くした次第です。今後ともNESTの活動にご期待ください。

******************
NPO法人 科学技術教育ネットワーク
******************















2013年1月8日火曜日

自律型ロボット制作講座 募集開始!

平成25年2月の3日、11日、24日に開催される「自律型ロボット制作講座」の参加者募集を開始しました。

マウス操作だけで、誰でも簡単にロボットのプログラミングができますので、これからロボットを始めたい方やロボットを始めたばかりの方も楽しんで参加できます。

当日は、さまざまな課題にチャレンジしながら最終的にはラインをたどって走行する自律型ロボットまでプログラミングしていきます。

ロボットの基礎からセンサーによる制御まで、じっくり学べる本講座のお申込はNESTのホームページより行えます。
http://www.npo-nest.org/workshop/jiritsu.html


******************

NPO法人 科学技術教育ネットワーク

******************